プログラミング詩 解説

https://freeman5.hatenadiary.jp に込められた思い ちょっとした読み物と思ってお楽しみください

令和の出典元をプログラミング風に解説

freeman5.hatenadiary.jp 于時 初春令月 氣淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香 spring.first.month('令').commit(air.is_clear() and wind == '和' and ume.is_bloomed() and orchid.is_fragrant()) 初春オブジェクトにおける令月が、空気が綺麗、且つ風が和…

俳句における冗長ワンライナープログラミング

freeman5.hatenadiary.jp 柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺 if eat(persimmon): (lambda x: x.ring())(horyuji) 冗長だけどlambdaを使ってhoryujiを強調できたのは高得点。

break文で静けさを表現

freeman5.hatenadiary.jp 古池や 蛙飛び込む 水の音 pond = Pond() frog = Frog() while True: if frog.jumpInTo(pond): break 一層静かになる様子を、 何もしないループをbreakすることで表現しました。

introduce(): の思い

freeman5.hatenadiary.jp オブジェクト指向でこれまでの人生を考えてみる。 両親が持つメソッドが尊い。 Mom.giveALifeTo(indivisuality)メソッドは、一意の生命を返します。 Dad.give(someone, something)メソッドは、パパなりの何かを誰かに与えます。 私…